ゼロエミッション - 再資源化 納入稼働実績

水溶性切削油廃液処理システムとしての利用実例

omron25.JPG

シリコンウエハー切断工程の廃液リサイクルシステムとしての利用実例

silicon.JPG

メッキ工程の廃液リサイクルシステムとして利用実例

plating2.JPG

メッキ工程の廃液処理システムとしての利用実例

plating.JPG

電気電子部品製造業

処理廃液: 水溶性切削油

導入前: 全量産業廃棄物処理

導入後: 回収水は下水放流

導入型式: 減25型

導入年月: 2005/3/1

導入効果: 産業廃棄物処理コストの低減

 

omron_kurashiki1.jpgomron_kurashiki2.jpg

太陽電池部品製造業

処理廃液: シリコン切断ワイヤーソー廃液

導入前: 全量産業廃棄物処理

導入後: ユニット洗浄水は減容化して、排水処理に流入。加工廃スラリーは溶剤分を再利用

導入型式: 導入時は減600特殊型

導入年月: 2005/9/1

導入効果: 産業廃棄物処理コストの低減

 

excel1.jpgexcel2.jpg

 

 

紙袋製造業(印刷・製袋)

処理廃液: インキ廃液・のり廃液

導入前: 全量産業廃棄物処理

導入後: 回収水は一部2次処理し、下水放流。残渣は産廃処理

導入型式: 導入時は減300型、現在は減450型

導入年月: 減300型(2007年5月)+150型増設(2008年5月)

導入効果: 産業廃棄物処理コストの低減

 

ojiadoba1.jpgojiadoba2.jpg

 

 

 

 

実証試験

業種: 農林水産技術会議事務局委託プロジェクト研究「農林水産バイオリサイクル研 究」における実証試験(研究開発)

処理廃液:メタン発酵後の消化液の濃縮(液体肥料化)

導入前: 濃縮せずに、直接農業利用。

導入後: 濃縮液は濃縮液肥として農業利用の1オプションになった。 低濃度の回収水 はプラント場内で中水として  再利用。

導入型式: 減500(特殊型)

導入年月: 2007/2/1

 

yamada1.jpg

プリント基板製造業

処理廃液: ドライフィルム レジスト剥離廃液

導入前: 全量産業廃棄物として外部委託処理

導入後: 回収水は総合排水処理へ流入し、残渣物のみを産業廃棄物引取

導入型式: 減250型×2台

導入年月: 2005年12月+2006年12月

導入効果: 産業廃棄物の85%減容化、原水に含まれる樹脂分が多い為非常に効果な引取単価であった為、費用削減額も高額となった。

 

 

nippontokushutogyo1.jpgnippontokushutogyo2.jpg 

 

重機用部品製造業

処理廃液: 水溶性切削油

導入前: 全量産業廃棄物として外部委託処理

導入後: 回収水を水溶性切削油の希釈水として再利用

導入型式: 減(ZERO)25型

導入年月: 2005/12/1

npk1.jpg

npk2.jpg

HOME会社概要海外拠点個人情報保護方針お問い合わせサイトマップ


大和化学工業株式会社 〒551-0021 大阪市大正区南恩加島5丁目8番6号 TEL:06-6553-5673 FAX:06-6552-5618 [ MAP ]